コンテンツ自ら問題点を見つけ、それらをすべて改善してしまうというのは困難な話です。何度も試行錯誤しなくてはなりませんし、時間もかかってしまうでしょう。そこでおススメしたいのがエントリーフォーム最適化サービスと呼ばれるものです。efoとも呼ばれていますが、こうしたエントリーフォーム最適化サービスを利用することでスムーズにエントリーフォームを最適化することができるでしょう。現在ではさまざまなエントリーフォーム最適化サービスがありますから、自社のサイトにマッチするサービスを見つけてみてはいかがでしょうか。

最適化サービスを選ぶときにはどのようなレポートを見られるのかをチェックしておきましょう。問題となっている項目を発見することができるかどうかは非常に重要ですし、問題点をあぶり出すことができないのなら意味はありません。また、修正したあとに改善できているかどうかが確認できないのも問題ですからそこもきちんとチェックしておきましょう。さらに、どのようなアシスト機能があるかも大切なポイントですし、アシスト機能を自由にオンオフできる、組み合わせることができるといったことも大切なポイントとなってきます。それらを重視してください。


Pocket